×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

http://montblanc.dotera.net

米のとぎ方も、毎日なんとなくしてることなんですが、見直してみると案外きちんとしなくてはいけないみたいです。
この前なんて、知人が自己破産をするなんて言い出すものだから、自己破産のデメリットについて考えながらお米をといでいましたが、そんなにぼんやりと片手間でやってはいけないのだと思います。
米にたっぷりと水を加えて、手早く2、3度大きくかき混ぜて、糠やごみで濁った水を完全に捨てます。つぎに米を軽くかき混ぜて、手のひらの付け根よりの部分で強く押し出すようにして、しゃっしゃっとリズミカルに、手早くまんべんなくとぎます。米の量が少ない時には、米を両手の間でもみ合わせるようにしてとぎます。
よくといだ米は、水を取り替えながら3、4回すすぎます。しゃっしゃっとする作業をやったほうがいいみたいです。この作業が何のために必要なのか調べなくてはいけません。新たな疑問が浮かんできました。表面の粉を取り去るためだとは思っています。